« Home | 紅葉狩りなら高尾山 » | ギャラリークープシューでフレンチランチ » | 色の魔術師Jen Stark氏の作品 » | 美しい古城のような図書館:Beautiful Libraries » | 使用済みの口紅にアートを見出す作品:LIPSTICKS » | Aqua風デザインのきれいな占いブログパーツ » | 『文学フリマ』と『酉の市』 » | 小坂タイチ「へんしんわごむくんうぇぶ」 » | キメコミ作品展「日々彩り」行ってきました » | スペインの95歳ブロガー »

2007/11/19

霜月の和菓子

創作和菓子は菓子職人の創意工夫により、見た目に美しく、味もおいしく、そして季節感を堪能させてくれます。菓房はら山 は食の安全に気を配り、厳選した天然の食材にこだわった菓子づくりが行われているそうです。不祥事つづきの菓子業界ですが、このように食の王道を守っている会社があることは喜ばしいかぎりです。写真は今月の創作をご紹介しました。
【左上】銀杏(ぎんなん)
銀杏の葉を形どった外郎(ういろう)です。
透きとおった黄色がとても美しいですね。
【左下】宮の鳩
神社に遊ぶ鳩をイメージしたものです。
牛皮に卵白と白あんを練り混ぜた雪平(せっぺい)
という菓子。きめ細かいふっくらとしたもちもち感に
癒されます。
【右上】深山路(みやまじ)
蜜漬小豆を混ぜた浮島生地をセイロに流し込んで
蒸かした栗入りの小豆浮島(あずきうきしま)です。
【右下】錦秋(きんしゅう)
紅葉をイメージしたキントンです。
黄色のカボチャとレッドビーツを混ぜて美しい朱色
を出しています。

ラベル: ,

0 件のコメント:

コメントを投稿

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム