2007/11/26

人が知らせてくれるカレンダーthe human calendar

もうすぐ師走ですね。

クレアラインはすでに年末(?)の忙しさで、毎日慌ただしく過ぎていきます。

この時期は毎年カレンダーをどうするか?で悩むんですが、けっきょくシンプルに予定が書き込めるものになってしまう……でも今年はこんなにぎやかなカレンダーもいいかなって思いました。

Human Calendar

このようにブログパーツとして貼付けることもできます。



似たようなもので、humanclockや、ブロックを積み上げていくCLOCKBLOCKなんかもありますが、時計はやはり日本時間ではないのでわかりにくいですね。

ラベル:

イラストレーター、ライターの出版ラッシュです

近しい方々の出版ラッシュです。うち二人は、今年春にお伊勢参りに行ったチーム……私だけなぜかご利益がありません。果報は寝て待て……でしょうか。


漫画家兼イラストレーターフジモトマサルさんが、講談社のウェブMouRaで連載されていた長編マンガです。鳥しかいない世界に迷い込んだ主人公日菜子の穏やかな生活、心の動きと過去の思い出が交差する不思議な仕上がりになっています。おどろきの事実や衝撃的なハプニングのすべてを穏やかに受け流しそうな主人公が、フジモトさんとかぶってしまいました。
二週間の休暇 (MouRa)
二週間の休暇(amazon.co.jp)




町歩きライター神田ぱんさん書き下ろしの「鉄子の部屋」。鉄子とは、鉄道が好きな女性に対する相性だそうで、女子による女子のための鉄道エッセイ&ガイド本。共著です。鉄道が好きな女性への本というよりも、鉄道がキライでない女性に送る一冊。読みやすくて楽しい仕上がりでした。ちなみに私の全身も1カット、東京駅で無意味に浮かれたポーズをとっているところが掲載されています。現在アマゾンでは売り切れですが、楽天ブックスで購入可能です。
鉄子の部屋
鉄子の部屋(amazon.co.jp)




文学フリマでもコンビを組んだ絵描きのこさささこさん。今度は"あらすじマンガ"を描いた「恋愛小説ふいんき語り」が発売されています。女性作家の描いた恋愛小説を3人の男性 (麻野一哉さん、飯田和敏さん、米光一成さん)が読んで、考察したりゲーム化(想定)したりしている本。個人的に読書の趣味はないのですが、こんな私でも読んだことのある有名どころの小説がずらり。そして深読みとかウラ読みという存在と、コンプレックスの塊だと思い込んでいた林真理子が今や美人作家とされている事実をショーゲキとともにうまれてはじめて知りました。
恋愛小説ふいんき語り
恋愛小説ふいんき語り(amazon.co.jp)


来月はトークイベントの予定もあります……。

ラベル: ,

2007/11/25

クリエイターの祭典:デザインフェスタ報告

デザインフェスタは「アジア最大級のアートフェスティバル」と謳う催し。今年は6500人集ったそうです。プロ・アマ問わず、毎回個性的なアーチストやそのタマゴ達が、手作り雑貨からパフォーマンスまで繰り広げます。

今年はあまり時間もなくて全会場まわることは出来ませんでしたが、個性的で気になった参加者ご紹介します。



まずは本来の目的、やじましょうこさん。
前職で仲のよかった同僚や後輩たちも参加していたこともあり、仲間うちも10人弱集まりました。あいかわらずていねいで繊細な作りが人気です。50作品用意して、32作品のお買い上げ。売り上げは前回を大幅に上回りました。
やじましょうこ[チクチクの日々]



私が気になったのは、ブース丸ごと独特な雰囲気のある女の子撫子凛(なでしこりん)さん。本職もグラフィックデザイナーさんで、ガーリなセンスと日本画が絶妙にマッチしていました。撫子さんも小物もすばらしく作品にマッチしていて異次元の空気が漂っていました。
撫子凛 Rinne by Rin Nadeshiko



立体写真のマスダユタカさんも斬新なアイデアがかっこよかったです。立体写真「フォトモ」ポップアップで展開する路上の展望「フォト・ポ」など、写真そのものも、日常のさりげない風景を切り取ったカタチのものばかりでそれも好みでした。
マスダユタカHP(Germa ge-28 Website)




最後はご家族の応援を背に、神業を披露してくださった浅見さん。 立体的な紙切り作品をほぼ毎日作っているそうです。3才の頃、冬になると、昆虫が姿をみせなくなるのが寂しくて、作り始めたのがいまだに続いているのという奇跡の作品群でした。
紙きり?切り紙?ハサミック・ワールド


会場に行くと、次回は参加してみたい……と思うのですが、あの苦労を思うとなかなか実現できません……。


ラベル: , , ,

2007/11/23

ANIMOTOでクレアラインのプロモーションビデオをつくってみました!



start now! CreaLine


A N I M O T O: the end of slideshows / Animoto Productions

ラベル: , , , ,

2007/11/22

文学フリマとスタンプラリー


MKさんがすでに報告してくれましたが、先日、と言ってももう二週間も前ですね、文学フリマに参加してきました。

相方の絵描きこさささこにかなり任せていたので、私はずっとのんきに構えていたのですが……。前日になってほぼ徹夜状態に。

それでも目標の1000冊制作達成には届かず、700冊(一冊はごらんのとおり小さいのですが)。おかげさまで完売です。

当日はパニック状態でしたが、飯田和敏さん(ゲームクリエイター 巨人のドシンなど)のお誘いで、6ブースによるスタンプラリー(台紙はこさささこ画)をいっしょにやらせていただいたので、たくさんのジャンルの方にブースまでお越しいただいたような気がします。

ラリーはおおげさな告知をしませんでした。ヒントは「とんがり帽子をかぶっているブース」。
ほかのブースのみなさんはまじめ(?)にパーティーグッズのとんがり帽だったのですが、私たちはバトミントンの羽を頭に乗っけていたために、かなりわかりにくかったようです。でもブーイングがでなくてよかったよ……。

「スタンプが全部たまったら、各ブースで何かオマケをあげよう」という当初の話でしたが、これもうやむやになり、私たちはオマケを用意せず。(なんせ1000冊なので……)ほかのブースでは、長嶋有さん(当日はブルボン小林名義でご参加)の、"長嶋有の小説に実名が載る権利"をゲットした方もいらしたそうです。わー。

スタンプラリーというと、個人的にはポケモンラリー。でもこういった大人なラリーも当日まではわくわくでした。じっさいには接客で、楽しむどころではなかったのですが、なかにはスタンプを押してあげると大喜びの小さい子どもたちもいて、あれはうれしかったですよ。ムダによろこびをカラダで表すことも時には必要ですね。

というわけで、文学フリマ(スタンプラリー?)総括でした。
時間があれば、ヒントをたよりに日本全国スタンプラリーしたいなあーと思います。やるのはやだけど、主催者で。

次回は、またまた遅ればせながら、デザインフェスタの模様をご報告します。



ラベル: ,

2007/11/19

霜月の和菓子

創作和菓子は菓子職人の創意工夫により、見た目に美しく、味もおいしく、そして季節感を堪能させてくれます。菓房はら山 は食の安全に気を配り、厳選した天然の食材にこだわった菓子づくりが行われているそうです。不祥事つづきの菓子業界ですが、このように食の王道を守っている会社があることは喜ばしいかぎりです。写真は今月の創作をご紹介しました。
【左上】銀杏(ぎんなん)
銀杏の葉を形どった外郎(ういろう)です。
透きとおった黄色がとても美しいですね。
【左下】宮の鳩
神社に遊ぶ鳩をイメージしたものです。
牛皮に卵白と白あんを練り混ぜた雪平(せっぺい)
という菓子。きめ細かいふっくらとしたもちもち感に
癒されます。
【右上】深山路(みやまじ)
蜜漬小豆を混ぜた浮島生地をセイロに流し込んで
蒸かした栗入りの小豆浮島(あずきうきしま)です。
【右下】錦秋(きんしゅう)
紅葉をイメージしたキントンです。
黄色のカボチャとレッドビーツを混ぜて美しい朱色
を出しています。

ラベル: ,

紅葉狩りなら高尾山


お手軽に紅葉見物を楽しみたい方には高尾山がおすすめです。
11月1日から11月末まで「もみじまつり」を開催中。この期間ちょっとケーブルカーが混むのが難点ですが、歩いて山登りを楽しむこともできます。登山は6つのルートがあり、大人の足ならどこから行っても1時間前後とひと汗かくには手ごろな距離。山上では八王子の銘酒桑の都の升酒が一杯400円(2杯目から200円)で飲めるのがうれしい。
また山の上下にはそば屋が23店あり、とろろそばが名物。近郊で採れるものをつかっているからか新鮮で量も多い。紅葉はまだ3分程度の色づきでしたが夏の猛暑のおかげで例年以上に鮮やかでした。おそらく月末がピークでしょう。今年はこの時期をねらって行くのが良いと思います。ただ紅葉の名所はケーブルカーの沿線に集中していて、車内からしか見えないのですが、瞬時に通り抜けてしまうので、その一瞬のみごとさに納得できる方は、長蛇の列に耐え、敢えてケーブルカーで下山するのが良いでしょう。

ラベル:

2007/11/14

ギャラリークープシューでフレンチランチ


西新宿ランチに関しては、もしかしてクレアラインの社員より詳しいかも?というウワサのスタッフがつい先日連れて行ってくれたのはここレストラン ギャラリークープシュー

メニューは一種類で1500円くらいと毎日のランチには少しお高いですが、フルコースにデザートやコーヒーまでついて大満足でした。なかでも人気だったのが手作りのパン。バターにほんのり甘みがあってついおかわりしてしまいます。

ギャラリークープシューは、西新宿の裏通りにひっそり建っている、雑居ビルの地下にありました。大げさな看板もなく、歩いていてもまったく気付かないのですが、中はほぼ満員。おいしいお店は宣伝なんて必要ないんですね。

クレアラインも起業したばかりで派手なアプローチはほとんどしていないのですが、11月に入ってからは口コミでいらっしゃってくださるスタッフの方も多く、ありがたいかぎりです。みなさんのご期待とご好意を無にしないよう、これからも社員一同、ていねいな仕事を心がけゆきます。

さて、こんな隠れ家のようなレストランを紹介してくれたスタッフ、やじまさんのご来社は何度目でしょうか……。病院の帰りに……お買い物の帰りに……ことあるごとに立ち寄ってくださっています。今週末はデザインフェスタに出展でお忙しいはずなのですが、また明日もランチタイムめがけて遊びに来てくださいます。なにを食べられるのか今から楽しみです……。



やじましょうこさんのブログ
「チクチクの日々」
続々と作品ができあがっています。デザインフェスタ当日は私もヘルプやらひやかしやらで行きますのでご参加、あるいは会場へ行かれる方はお声をおかけください。

デザインフェスタ 11月18日(日)B-0053

ラベル: , ,

色の魔術師Jen Stark氏の作品



私は色使いが苦手。洋服でも本当はポップでカラフルな色が大好きなのに、めんどくさくなるとなんでもかんでも黒にしておけばいいやって思ってしまい、コーディネートどころではありません。

そんなわけで、最近ではどうも黒いイメージが定着してしまったようです。女性で黒いイメージってあんまりよくないなあ。

そんな私にはこちらの作品はうらやましいカラーコーディネート・・・というよりも、これだけ色を使っていても、ちっとも下品にならないのはのは神業です。生まれ持っての感覚としかいいようがありません。



Jen Stark



ラベル: , ,

2007/11/13

美しい古城のような図書館:Beautiful Libraries



世界の美しい図書館の画像をずらりコレクション。

咳払いひとつでも響き渡ってしまいそうで逆におそろしい・・・。
ここではさすがに子どもたちが走りまわることもできませんね。

紹介の画像(左)は、中世の神学校の図書館。チェコ プラハ ストラホフ修道院です。高級な家が買えてしまうほどの書籍を無料で閲覧できるのがすごいですね・・・。

日本でも味わいのある図書館はあったと思います。老朽化で建てなおしなどにより、日本独自の建造物がどんどん減っているのが残念です。

Beautiful Libraries

Hot Library Smut

The Most Beautiful Libraries in the World (amazon.jp)


ラベル: ,

使用済みの口紅にアートを見出す作品:LIPSTICKS



個人的には、洗練されたクールなアートよりも、発想や着眼点が秀でている作品が好きです。とくに、このように日々の生活から「あっ」とアイデアが沸き立つ、そんな作品。

Stacy Greeneというアーチストは、ある日、友人の使っていた口紅に惹きつけられました。みんなひとつとして同じかたちがなく、個性的な顔をのぞかせていることに気づいたんですね。

「ただ使いかけの口紅を接写しただけ」

それなのに、なんかかわいい。そしてセクシーです。

私は祖母が、紅筆を使って、口紅を掘り下げて使っていたこと鮮明に思い出しました。地獄アリの作る罠に似ていたなあ・・・。

LIPSTICKS by Stacy Greene

ラベル: ,

2007/11/11

Aqua風デザインのきれいな占いブログパーツ



毎日のアドバイス、吉方位、幸運ランキング、今日の相性、六輝星(六曜)、ラッキーナンバー、ラッキーカラーを見ることができるそうです。 (毎夕7時更新)

Mac OS XのAquaユーザインターフェース風に跳ねる九星のデザインがきれいで、占いが楽しみになりますね。

開運ブログパーツ
- 開運の方位学 Nine Star Ki Astrology -

ラベル: , ,

『文学フリマ』と『酉の市』


秋葉原で、去る11日に「文学フリマ」というイベントがありました。
小説や詩を書いてる人たちが集まって、自分たちの出版物などをフリーマーケットするようなものだったのですが、atさんが出品してるというので、立ち寄ってみました。
atさんと一緒に出品していた「ささこさん」のイラストがあまりに素敵で、しかも、激安だったので、思わず500円セットを購入!すべて手作りで、内容もさることながら、アイディアあふれる作品で700個も売れたそうです。すごいですね?。(写真参照)


酉の市」は、ヤマトタケルの命日にちなんで、新宿の花園神社や浅草の長國寺(ちょうこくじ)などで、11月の酉の日に行われるお祭りです。
今年は、11日と23日(祝日)が酉の日。
ついでと言ってはなんですが、秋葉原の帰りに訪れてみました。花園神社は、商売繁盛の熊手を買う人たちや、参拝の人たちでごったがえして、派手で、まるでお正月が一足早く来たみたい。屋台もいっぱい出てて熊手を買わなくても十分楽しめます。また23日も開催されますので、お近くの方は立ち寄ってみては・・・。

ラベル:

2007/11/08

小坂タイチ「へんしんわごむくんうぇぶ」


先日の川窪美里さんの個展はとてもかわいらしくて、川窪さんご本人のイメージそのもの。個人的には絵本の原画(とくにカマキリやバッタ!)に感動しました。

展示場の画廊も隠れ家的雰囲気がわくわくします。また、おふくろの味的なお惣菜風お料理がとてもおいしかったです。ごちそうさまでした。また、会場の曙橋駅近くで入った茶房カフェもオススメ。こちらはまた後日ご紹介します。

会場では、知り合いの小坂タイチくんとばったり遭遇しました。なんと偶然にも、川窪さんとはお友だちなんだそうです。小坂くんの作品もシンプルでとってもかわいい(と言っては失礼かな)んです!次回の個展の際にはこちらでも紹介しますね。

ほかにもクリエイターの方々と知り合いになれて楽しかった・・・。みなさんかわいかったなあ、類は友を呼ぶって本当ですね。

小坂タイチくんのサイト
へんしんわごむくんうぇぶ

ラベル: , ,

2007/11/05

キメコミ作品展「日々彩り」行ってきました


5日から始まった川窪美里さんの個展のオープニングパーティに行ってきました。

曙橋駅から、普通の歩道の左手に、くらーい感じの古い古い石の階段、登りきると「いきどまり?」。地図を片手に、階段上で道を探すと、どう考えても誰かの家の脇としか思えないような細いのぼる道があり、そこを強引に通って行くと、会場がありました。
住宅街のなかに、こつ然と現れたような、不思議なお店でした。

パーティはかなりにぎわっていて、作品もところ狭しと飾ってあります。
絵本になったものは、拝見したことがあったのですが、手作りの原画は初めて。
毛糸や布の特徴を生かした、絵心を感じさせる作品ばかりで、かわいらしいものがお好きな方にはお奨めです。

ラベル: , ,

スペインの95歳ブロガー


スペインに住む95歳のマリア・アメリア・ロペスさんの書くブログ(http://amis95.blogspot.com/)が人気を集めているそうです。

定期購読者がなんと6万人以上!

私はスペイン語は読めませんが、載せてる写真を見るだけでも95歳とは思えない行動力で、いろんなとこに行ってらっしゃったり、動画も載せてたり・・・・・・。

孫からの誕生日プレゼントとしてブログを開始したそうで、「最初、ブログは紙製のノートのことだと思っていた」というのに、こんなに続けられるなんて、純粋にすごいなあと思ってしまいました。このクレアラインブログも、日々、年を重ねていけたらいいなあと思います。

ロペスさんのブログを、より詳しく日本語で紹介したものが彼女のブログの中にありましたので、一応、そちらの記事も↓。
http://amis95.blogspot.com/search/label/japanese

ラベル: ,

2007/11/02

テープも進化してます。クールなテープ集:designer tape


いまやデスク上のステーショナリーもオシャレでかわいいものが沢山ありますね。プロダクトデザイナーの方はもちろん、クリエイターのみなさんも興味があるのではないでしょうか。

デザインがどんなに優れていてもダメ。使い勝手や機能もよくないと商品化されないので創意工夫が必要です。その点、テープのデザインはよけいなストレスなくデザインできそう。一風変わった、ちょっとめずらしいタイプのテープたち。でも使うのはもったいないですね・・・。

Designer tape

関連:
Screwhead tape

ネジがどんどん貼れちゃう?テープ
Welcome to DuctTapeGuys.com
ダクトテープに魅せられた男たち:老舗中の老舗です。

ラベル: , ,

2007/11/01

これって猫語?Youtube:Cat Talking ぬこぬこトーク

面談や打ち合わせ、営業活動などなど、日々あわただしい日々を送っているクレアラインですが、今日のオフィス内はなごやかなムードでした。

クリエイターのみなさんにはあまり関係のない話題で恐縮ですが、おしゃべりネコちゃんたちに癒されていてしまったからです。



バックストリート・ボーイズの曲に合わせて激しくダンスするオウムのスノーボール君が先月話題になっていましたが、動物ってほんとうに癒されますね……。

社員は(ほぼ一名のぞいて)全員動物大好きなので、今後はアニマルなカテゴリも作ってしまうことにしました。

Youtube:Cat Talking ぬこぬこトーク

ラベル: ,