« Home | あのNHK時計がリアルによみがえりました! » | あけましておめでとうございます » | クレアライン2007年を振り返り » | 心にゆとりがもてるような気になる「ゆる時計(仮)」 » | ごあいさつ~年末年始の営業について » | 感謝づくしのタイ忘年会 » | オシャレでハイソなPop-Up Book » | 有名なあのロゴが、大変なことに……Liquidated logos » | 速報!東京ファンタジア » | 師走の和菓子 »

2008/01/12

使うとよけいに不便!?「珍道具」のアイデアグッズ



「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」に対して与えられる賞イグノーベル賞
そんな名誉に相応しい、日本が誇る日本珍道具学会の発明家、川上賢司氏のインタビュー記事です。

17年間、川上氏の創り上げてきた作品はどれも「珍道具」。
使うとよけい不便になってしまうもの……の発想から
その数は700点にも及ぶとのこと。

川上氏は日本での認知度よりも、
海外のトップブロガーからは
5、6年前から大注目・大絶賛されて逆輸入状態なんです。

ずっと尊敬してきた川上先生の少年時代のお写真もあり、感激……。

誰でも出来そうで出来ない珍道具の発想。
頭を柔軟に、自由にしてこそ生まれてきそうな作品ばかりです。



■急募情報:WEBデザイナー 派遣1700円〜

ラベル: , , ,

この投稿へのリンク:

リンクを作成

<< ホーム